記事一覧

ハリーウィンストン×大人の人気ジュエリー4選!


芸能人・有名人御用達の「ダイヤモンドの王様」

ダイヤモンドといえば、誰もが憧れる“キング・オブ・ダイヤモンド(ダイヤの王様)”であるハイジュエラー『ハリー・ウィンストン』。
石の選定から、その個性に適したデザイン、完璧なセッティングを施す技術まで、すべてに高い美意識とクラフツマンシップが息づいています。


リリークラスター
アルファフライ 偽物
ブランドのアイコン的存在

“憧れのジュエリー”と呼ぶのにふさわしい「リリー・クラスター」。ブランドのアーカイブに保管されていたデザインをベースにモダンな解釈を加え生まれたこのコレクションは、満開に咲き誇る百合の花をイメージ。
美しいダイヤモンドによって描かれた優美なデザインは、身に着ける人の気分を高揚させます。


HW ロゴ

ダイヤモンドへの愛情とプライド。その誓いを二文字に込めて

ブランドの象徴であるロゴがデザインモチーフとなっているコレクション「HW ロゴ」。創業者ハリー・ウィンストンが愛したエメラルドカット・ダイヤモンドのシルエットがクラシカルな印象を与えつつ、タイムレスな魅力を持ったコレクションです。

ダイヤモンドの中心で輝く“HW”の二文字。そこには、“キング・オブ・ダイヤモンド”の名にふさわしい作品を世界中の人びとに届けるという、創業以来受け継がれ続ける強い誓いが込められています。”

ウィンストン・ゲート

前向きな姿勢、好機、展望、幸運の象徴として世界中のハリー・ウィンストンのサロンゲートにあしらわれているフローラルモチーフ“ロゼット”。
「ウィンストン・ゲート」コレクションではそのロゼットが、レースのように繊細な彫刻とダイヤモンドの華やかな煌きによって、コンテンポラリーなジュエリーへと昇華。スタイルで確かな個性を語るデザインは、お守りジュエリーとしても愛される存在です。


ループ・フルモチーフ

お花を思わせる愛らしいフォルム。年を重ねてもこんなジュエリーが似合う優しくてエレガントなおばあちゃんが目標。同じモチーフでも使われる色石によって表情がガラリと違うのも魅力的。

2021アイコン“フラワー”ジュエリーに新作

ブルガリ(BVLGARI)の「フィオレヴァー」から、新作ジュエリーが登場。

「フィオレヴァー」は、英語で永遠を意味する“フォーエヴァー”と、イタリア語で花を意味する“フィオーレ”を組み合わせたコレクション名を持つブルガリのアイコンジュエリー。4枚の花弁が象る花冠モチーフと、ロマンティックに輝くダイヤモンドが目を惹く。

ブローチにもなる2WAYネックレス

そんな「フィオレヴァー」に新作が仲間入り。目玉となるのは、1つで2通りの楽しみ方ができるホワイトゴールドのコンバーチブルジュエリーだ。総計6カラット以上のダイヤモンドをあしらったネックレスは、ネックレストップを取り外し、ブローチとして使用することができる。

スタッズピアスにもなる2WAYイヤリング

フラワーモチーフにゆらゆらと揺れ動くカスケードを組み合わせた優雅なイヤリングも、2WAYで楽しむことができるもの。カスケード部分を取り外せば、どんなコーディネートにも合わせやすいスタッズピアスとして活躍してくれる。

鮮やかカラーストーンネックレスやスパイラルリングも

コンバーチブルジュエリー以外の新作にも注目。ホワイトゴールドに鮮やかなサファイヤやエメラルドを、ピンクゴールドにルビーをコンビネーションしたネックレスや、指を包み込むようなスパイラルデザインのリングなどが揃う。

ルイ・ヴィトンの新作ハイジュエリー

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、新作ハイジュエリー コレクション「ピュア V(PURE V)」を2021年4月に発売予定。


「ピュア V」は、メゾンのシグネチャー「V」にコンテンポラリーなひねりを加えた構築的なデザインが特徴のハイジュエリー。「V」シグネチャーは、2014年のハイジュエリー コレクション「アクト V(Acte V)」において再解釈されており、そのグラフィカルなデザインをモダンにアップデートした。


ウォッチ & ファインジュエリー コレクションのアーティスティック・ディレクターであるフランチェスカ・アムフィテアトロフは、メゾンの3代目当主ガストン-ルイ・ヴィトンが1920-30年代に自身のラゲージに描かせた、アールデコのムード漂う「V」シグネチャーからインスピレーションを得て、「V」の本質を追求した。

ダイヤモンド、ホワイトゴールド、オニキスを配したネックレスなど

「ピュア V」では、構築的なフォルムに仕上げた「Vシグネチャー」のネックレス、ブレスレット、リング、イヤリングを計8型展開する。身に着けるとラインの隙間から肌が見えるのが印象的で、ミニマルながらもエッジィな存在感を放つ。

それぞれのジュエリーは、ホワイトゴールド、ダイヤモンドを用いて清らかなホワイト1色に統一したデザインと、オニキスのブラックを加えてバイカラーに仕上げたデザインを揃える。


全体にブリリアントカットダイヤモンドを散りばめたホワイトゴールドのネックレスは、中央の「V」モチーフから2カラットのペアシェイプダイヤモンドが連なっている。一方、ブラックとホワイトのバイカラーデザインのネックレスは、アールデコ調の佇まいに。オニキスの艶やかなラインがリズムを生み出し、中央の「V」モチーフにはトライアングルカットダイヤモンドがあしらわれている。

芸術的なレザー編み込みバッグ


ボッテガはイタリア発のラグジュラリーブランドであり、大物芸能人やメジャーリーガー愛用の話題性もあいまって男性・女性を問わず人気があります。

最大の特徴で”芸術品”とまで称されるイントレチャート(レザー編み込み)は、ルイヴィトンで言うモノグラムのような”ブランドの顔”となっています。

毎日の外出に必要な荷物をまとめて収納するのに最適なハンドバッグ。機能的で実用性を追求したデザインとなっています。取り外し可能なショルダーストラップ付き。

3つの荷室が備わった高い収納力と、タイムレスなエレガンスを追求したデザイン。フォーマル・カジュアルを問わず様々なシーンで使えるハンドバッグです。

オンオフ両方で使える気負いのないエレガントな雰囲気のハンドバッグ。2つのコンパートメント(荷室)構造で機能性もシッカリしています。

ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)から

ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)から、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)、アディダス(adidas)とのコラボレーションによるユニセックススニーカー「ZX800」が登場。2021年4月16日(金)よりネイバーフッドなどで発売される。

トリプルコラボレーションによるスニーカーは、1989年に誕生したアディダスのシューズ「ZX800」がベース。マットなシンセティックレザーと艶のあるメッシュをコンビネーションさせた、ユニークなアッパーを纏っている。

ポルシェのハンドルさばきを思わせるムーブメントの動き


腕時計の心臓部には、約80時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を搭載した。クロノグラフのメカニズムの垂直クラッチとコラムホイールによって、高い精度で時を刻む。透明なクリスタルケースバックからは、ポルシェのハンドルさばきを思わせる、ムーブメントの部品とその振動を鑑賞できる。

ボーム&メルシエ


クラシマ

メゾンのアーカイブに保存されていた1965年の作品にインスピレーションを得たコレクション。ダイヤモンドやムーンフェイズ(月齢表示)などを備え、アリゲーターベルトが贅沢。これで10万円台をキープした「コスパ優秀な一生モノ時計」です。
■110,000円~(着用モデルは170,000円) / ケースサイズ:直径31mm / クォーツ

アディダス + カニエ・ウエストの新作スニーカー

アディダス(adidas)とカニエ・ウエストのコラボレートコレクション 「adidas + KANYE WEST」から、新作スニーカー「YEEZY BOOST 700(イージーブースト 700)」が登場。2018年9月15日(土)より、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウなどで発売される。

アッパーにグレーとブラックのスエード、ブルーのメッシュ、プレミアムなレザーの3つの素材を採用した「YEEZY BOOST 700」は、ヒールとスリーストライプスに配したリフレクターと 蛍光イエローのシューレースが特徴。ソールから履き口にかけてのカラーグラデーションと、効果的にあしらわれた曲線的なディテールで、洗練されたレトロモダンな雰囲気の一足となっている。

機能面では、ミッドソール部分に、耐久性、衝撃吸収性と反発力を兼ね備えたアディダス独自のクッション素材「BOOST フォーム」をフルレングスで搭載。快適かつ安定した履き心地を提供してくれる。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ